読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくしか雑記帳

適当なこと書いてます。

インターネットで稼ぎすぎる弊害

私はインターネットでそれなりにお金を稼げるようになった。いわゆる副業だ。 おかげさまで、今年は税務署に行かなければいけない。 稼げた金額というのもなかなか多く、現在は毎月、新社会人の初任給を上回るほどとなってしまった。もし、就職前にこの金額…

毎日、土曜日の午前中を求めて生きている

毎日、あることを考えながら生きている。 毎日、土曜日の午前中を考えながら生きている。 毎日、平日の仕事を終えて、金曜日の夜を楽しみ、何もストレスを感じることなく目が覚める土曜日の午前中を考えながら生きている。 土曜日ではない、土曜日の午前中が…

衰退する業界を守りたいファンの建設的な行動とは

出版業界が傾きそうになると、「デジタルじゃなくて実物を買おう!」「図書館は悪だ!」という意見を目にする。いわゆる「作者に金を落とす」行為を呼び掛ける意見だ。これは出版業界だけではなくて、音楽業界やアニメ業界、ゲーム業界でも同じような意見を…

思考の羅列を眺める無駄な作業

書こうと思った文章を脳内に留めておくことができない。どうしても、ふらっと生まれてはふらっと消えていく。パソコンの前からトイレの往復の間にも、ブログで書いたら面白いかもと思ったことが、パソコンの前に再び座ると忘れてしまう。 そんな私の脳内では…

ネットで生きようとする、とある友人に向けた言葉

働きたくなくなったときの自分に向けた言葉なのかもしれない。 酔っぱらいが誰かに向けた伝わることのない言葉 ネットで稼いで生きていく? 何人がそれを専業にして生きているんだ? よく考えてみろ。お前はネットで継続して稼ぐ技術はあるのか? 自分で稼が…

読書メーターに記録することは大事

私はいよいよやってしまった。 読書メーターで気付いた。 読んだ本をもう一度読むことになるとは思っていなかったのだ。 けれども、遂に先日やってしまった。 しかも、一度読んだことのある本を再読とは思わず読み終えてしまった。 「なんか読んだことあるな…

失敗はした方がいいというけど早いことに越したことはない

失敗はしたほうがいいと言うけれども、それは若いうちに済ませておきたいと思う。若いうちは、まだリカバリーが効くはず。 しかし、ある程度歳をとってしまうと失敗から乗り切るには簡単ではない。 失敗は早いほうがいい例 交通事故にはヒヤリハットという言…

趣味のポートフォリオを組みたい

追記:ちょっと書き換えた。 私の趣味は、ゲームと読書。 最近はスプラトゥーンやMGSVばかりしていて、読書は1時間くらい。 趣味の比重は、8:2といったところ。 今はまだゲームを楽しめているからいいけれども、年を取るとゲームが楽しめなくなるというし、…